準喫茶カガモク

大学院の同窓にして、職場の同僚でもあった加賀道であります。

在職時、国内の各地域を飛び回るプログラムを担当していた彼女は、各地での小さな取り組みが社会を変えることを学んだという(そうだったのか)。その学びを自らも実践すべく、2年前にこけし作家である旦那さんと地元鳴子に戻り、ほぼセルフビルドで世にも稀なこけしカフェ「準喫茶カガモク」を昨年オープンさせたのでした。

そのくらしの様子は広報誌『JOINT』にて絶賛連載中w

やたら自画自賛のカレー、ドーナツ、しそ巻ロールパンは、実際どれも美味でした(笑)

準喫茶 カガモク

【追記】
かわいいこけし雑貨が生まれる場所

関連記事

  1. 東ティモール巡り

  2. 第5回 日本の夕べ(Noite Japonesa)

  3. サンパウロより第一報(おそい)

  4. Hawaii

  5. ハワイより閉店のお知らせ

  6. 地域のための再生可能エネルギー

  7. そして冬休みも終わってしまった

  8. アジアの高齢化と周辺課題 -実践現場の対応策を共有する

  9. John Hulme

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Author

えんたく(Entak)

PAGE TOP