身体知性

身体知性 医師が見つけた身体と感情の深いつながり 合気道の尊敬すべき先輩・佐藤友亮さんの著書。年末年始に読んだ何冊かの本の中でも出色でした。 分析的アプローチと統合的アプローチ、近道思考と内的感情、非中枢的身体と自動化。 「メタ認知」は「離見の見」、「自他境界壁の低減化」は「敵を想定しない主客の融合」。 普段何となくぼんやり考えていたことが、豊富な事例と的確な表現で説明されていて、膝を打つことしきり。初めて医師の本領を見ました(笑) -「『開かれた対話』に一番大切なことは?」「大騒ぎ!」 素晴らしい。 「複数の主体」の「複数の声」がポリフォニーを形成していることが、オープンダイアローグの要諦だそうだが、それは社会の関わりにとっても、そして一個の身体にとっても同様なのだ(と私は理解した)。 折に触れて読み返したいと思います。 【追記】 Facebookに流したところ、佐藤さんご本人から、文中で言及されているオープンダイアローグの映画を紹介してもらいました。YouTubeで見られるんだって! https://www.youtube.com/watch?v=_i5GmtdHKTM&feature=emb_title

本・漫画

2018年1月6日

沖縄御嶽紀行

2017年最後の出張は八重山(石垣・竹富・西表)でした。 その後、本島では久々に東京時代の畏友よっちと再会し、模合に参加させてもらったりまさかのビッグダディと遭遇したりと、愉快な旅となりました。 Tour of Sacred UTAKI in Okinawa (以下FBから転載) UTAKI (御嶽, also called ‘ON’) is a sacred place in Okinawa. Okinawan people worship trees and nature as a god, and more than 100 UTAKIs still remain in Ishigaki island. Through an intensive field research led by Dr. Lee Choon Ja and her team, it turned out that some of UTAKIs were infected by serious disease and we needed to take a practical measure to save trees! 御嶽(「うたき」と読む。八重山では「おん」とも呼称)は、琉球(沖縄)に広く見られる樹木崇拝の形態およびその施設の名称。石垣だけで今も大小合わせて100を超える御嶽が存在する。今回、日本・台湾・韓国の混成チームからなる集中的な調査において、いくつかの御嶽では南根腐病への感染を始めとする深刻な事態が進行していることが確認され、島民や行政も巻き込んだ早急な対応の必要性が明らかとなった。 4日間という限られた時間で、石垣・竹富・西表の八重山三島を行き来しながら、三カ所のマングローブ調査、十数カ所の御嶽調査、その調査結果を即時反映しながら二度のシンポジウム、島民との意見交換会、そして急遽アポを取り付けて市役所担当部長に直談判と、相変わらず李 春子さんのエネルギーには圧倒されます。 記者さんとのコミュニケーションもぬかりなし。ばっちり地元紙の一面も飾りました。 訪問御嶽リスト(備忘) 名蔵御嶽、長崎御嶽、真乙姥御嶽、宮鳥御嶽、美崎御嶽、天川御嶽、世持御嶽、波座間御嶽、清明御嶽、仲筋御嶽、幸本御嶽、国仲御嶽、前泊御嶽 プロジェクト情報:山・川・里・海を繋ぐ日・韓・台の「伝統の森」文化の保全と絆 Photos:Tour of Sacred UTAKI in Okinawa

旅行

2017年12月15日

2017秋/アメリカ、カナダ

10月下旬から11月上旬にかけての2週間、アメリカとカナダの西のほうをぐるっと巡りました。知人の結婚式(@カリフォルニア州ベンチュラ)にかこつけてね。 どこも良かったけど、特にカナダは住みやすいと思いましたね。 滞在中世話になりまくったジェイソン&アリス夫妻に感謝ですな。 Los Angeles, Ventura The US, Canada (1): Oct/Nov 2017 Yosemite, SFMOMA The US, Canada (2): Oct/Nov 2017 San Francisco The US, Canada (3): Oct/Nov 2017 Vancouver, MOA (Museum of Anthropology at UBC), Vancouver Art Gallery The US, Canada (4): Oct/Nov 2017

旅行近況Travel

2017年11月20日

ラオス滞在

久々のラオス、そして久々の虫明悦生さんとの再会。 彼にラオスをいろいろ案内してもらったのはもう7~8年前になるだろうか。 観光都市ルアンパバーンから約200km、車で約3時間のナーヤンタイ村で実施しているプロジェクトも実りあるものとなりました。 Photos:Thailand, Laos: Sept/Oct 2017

旅行

2017年10月12日

韓国慶州・清州訪問

東アジア市民社会フォーラム、於・慶州 The 8th East Asia Civil Society Forum, Gyeongju パブリックアートプロジェクト、於・清州 Public Air / Kogane-cho Art Project, Cheongju Photos:Korea, Aug 2017 【追記】 勤務先の広報誌の表紙に、慶州を訪問した際の写真が!訪問の様子は27ページです。 「JOINT」No.25

旅行近況Travel

2017年8月31日

フエはなかなかタフじゃった

ベトナム中部の世界遺産、フエ。 助成金をお渡しするという主業務の性格上、手前味噌ながら基本的には感謝されることが多いこの仕事ですが、今回はなかなかタフなネゴシエーションが続きました(-o-;) いやー、前任者との円滑な引き継ぎって大切ですね。 Photos:HUE

旅行

2017年5月1日

東ティモール巡り

若い国。これからどんどん伸びてくでしょう。 素晴らしくエネルギッシュな国でした。 国民的英雄エゴ・レモスとの出会いにも感謝。 東ティモールでのフィールドワークに参加しました Photos:Timor-Leste

旅行Travel

2017年4月20日

ボロブドゥール!

インドネシア出張の合間を縫って、ボロブドゥールに行ってきたぞ。 院生時代に長らく住んだインドネシアであるが、ボロブドゥールは今回が実は初めてなのだ。 数少ない役得! Photos:BOROBUDUR

旅行

2017年4月15日

三一節、ソウル

別件で滞在した韓国は、たまたま三一節(独立記念日)とかぶってました。なかなか強烈な感じでしたよ。 Photos:三一節(独立記念日)デモ@ソウル アジアの高齢化と周辺課題 「別件」(というか本業)の写真はこちら。レポートはこちら。 多文化社会 1月には神戸でもこんなイベントをしてました。(写真・イベントレポート) 年初から結構働いてる!

旅行

2017年3月3日

マレーシアで食いだおれ

マレーシアへは食のプロジェクトで。 市場巡りが面白かったです。まともにマレー語使うのも久しぶり^^ Photos:Malaysia, February 2017

旅行

2017年2月18日

リーベル復帰

久しぶりのフットサル。 リーベル(うちのチーム名ね)としては、ブラジル行く前以来だから3年半ぶりくらい?? 記憶が確かなら、前回は8月夏休みモツナベーレ(これまた関西へ帰省したときにたまに参加させてもらうチーム名ね)の淡路島合宿で、さらにその前は5月くらいに別チームの友達に誘われて行ったときだから、このペースだとボール蹴るの年に3~4回くらいか。 もっと蹴りたいのう。 やっぱフットボールは抜群に面白いよ。

サッカーFootball

2016年10月16日

インドへわしも行ってきた

  インドへわしも行ってきた。 しめて10日ほど。 居心地、という点ではタイとかインドネシアとか、慣れ親しんだ東南アジアのほうがはるかに良い。 インドはそりゃあまあ、強烈な体験でありました。 人がとにかくわちゃわちゃしてる、ってのがいちばん性格な形容ではなかろうか。 時を置いて、紀行文に残しておくのである。   デリー アーグラ カジュラーホー ヴァーラーナシー  

旅行

2016年9月28日

江ノ電、鎌倉

梅雨の合間にほっこりと小旅行。たまにはいいやね。 Photos:Enoden, 11 July 2016

旅行近況

2016年7月14日

イルマが東京にやって来た

マカッサルでよく一緒に遊んでいたイルマちゃんが現在日本滞在中。 Photos:Tokyo, 10 July 2016

近況

2016年7月10日

PAGE TOP