農山村における地域創生と市民社会組織

実行委員として携わっている日中韓の東アジア市民社会フォーラム、今年の開催地は中国・無錫市の江南大学。キャンパス内にスタジアムや学生寮はもちろん、湖まで有する広大な総合大学であります。
ホテルで来訪歓迎を伝える日本語版の電光掲示板では、東アジア社会フォーラムと、絶妙に「市民」の文字が取り除かれています。さすが、名称からしてかの国ではセンシティブなトピックなわけです。

丸3日間Google(含Gmail)、Facebook、Twitter、LINEどれも使えず。ちょうどよいデジタルデトックスになりました。胃袋のデトックスには失敗(笑)

関連記事

  1. ポルトヴェーリョこんなところ(1)

  2. カツァリスLive

  3. マンガぼけ日和

  4. 看取りの「場」づくり

  5. 拳銃ぶっ放しにいってきた

  6. ある精肉店のはなし

  7. 準喫茶カガモク

  8. Feira Cultural

  9. 言語の本質

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Author

えんたく(Entak)

PAGE TOP