新 移民時代

業務関連本。事例豊富。記者さんたちの面目躍如か。知識が大幅にアップデートできました。

現実と制度がいかに乖離しているかが改めてよく分かります(そもそも日本政府は「移民政策はとらない」と公言し、実質的にネグレクトしているわけですが)。
また、日本語教育や留学ビジネスの闇にも触れられており、元日本語教師としてはなかなか暗澹たる気分にさせられます。

一方で、地方ではそれぞれのニーズに合わせて興味深い試みがすでに始まっているようです。

関連記事

  1. 蜜蜂と遠雷

  2. 大奥

  3. 身体知性

  4. 雨季の暇つぶし

  5. 未来をつくる言葉

  6. 言語の本質

  7. 生きてるって言ってみろ

  8. 夕凪の街 桜の国

  9. ザ・ファブル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Author

えんたく(Entak)

PAGE TOP