マンガぼけ日和

『大家さんと僕』『ぼくのお父さん』に続いてこれもめっちゃ良かった。
認知症をこんなふうに描けるなんてほんま天才や。


マンガぼけ日和

原案からの漫画化を矢部太郎さんに依頼した編集者?もただ者ではないな。

有り難いことに両親は健在で、まだ経験せずにすんでるが、自分が先に死ぬというアクシデントが起こらない限り、これは近い将来、相当に高い確率で訪れる現実だ。

もちろん実際に介護にあたるとなれば綺麗ごとばかりではなく、大変なことも多々あるんだろう。
それでも、徐々に時間をかけて死ぬための準備ができて、続く世代その様をきちんと見せられて、そして当の本人は安らぎの中で逝けるという。

こんな幸せな終わり方が他にあろうか。

関連記事

  1. Sornthong Pochana

  2. A Vida Cotidiana

  3. 震災のこと

  4. オール・ベートーヴェン

  5. Farewell, 大浦食堂

  6. ラーメンヘッズ

  7. 仕事の終りとラテンアメリカ・ワンダーランド

  8. 禅と骨

  9. Adiós Diego

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Author

えんたく(Entak)

PAGE TOP