がんこ一徹

やっぱここのラーメンがいちばん。

大学時代に住んでた中野の歯医者さんに、3ヵ月に一度歯のクリーニングのため、新宿に引っ越した今も通っている。
そこからチャリで1分の所にこれまた大学時代から通ってる世界一好きなラーメン屋さんがあって、今やこのときくらいしか中野に来る用事がないので、歯のクリーニングの後にそのラーメン屋に寄って帰るのが毎度のルーチンとなっている。

歯のクリーニングの最後にはフッ素のコーティングをされて、以後30分は飲み食いを控えるよう先生に厳命されるのだけど、このラーメンのせいで今まで一度もその言いつけを守れたことがないのである。
すみません先生。3ヵ月に一度の楽しみなので許してほしい。

二郎も武蔵も大勝軒も凪も家系も博多豚骨もみんな好きだけど、前世紀に遡るこの店のオープン以来、ワタクシ的にいまだここを超えるラーメンには出合ってないのであーる。

関連記事

  1. 富士、桜

  2. Adiós Diego

  3. カツァリスLive

  4. A Vida Cotidiana

  5. リーベル復帰

  6. 農山村における地域創生と市民社会組織

  7. 禅と骨

  8. バルパライソの長い坂をくだる話

  9. ラッキーギョウザ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Author

えんたく(Entak)

PAGE TOP