五年目

そのときのことはまだ鮮明に覚えている。
翌月に控えたフィリピン出張について伊藤道雄さんと、彼の率いるACC21のオフィスで打ち合わせをしていたのだった。
ソッコーでオフィスの外に出たら、目の前の高層ビルがぐわんぐわん揺れていた。

一緒に打ち合わせをしていた同僚がそこから徒歩圏に住んでいて、その日は彼女の家に泊めてもらった。
本来の職場である都心のビルの37Fにいた他の大多数の同僚たちは帰宅難民となって、オフィスで夜を明かしたという。

それから二年、仕事として震災支援に携わって何度も岩手と宮城と福島に行って、その後の二年はブラジルだ。

被災地で出会った人びとは今どうしているのだろうか。
一年前と同じことを考えている。
気づけばもうすぐ帰国。

関連記事

  1. 第5回 日本の夕べ(Noite Japonesa)

  2. 拳銃ぶっ放しにいってきた

  3. Feira Cultural

  4. 三ヵ月後の今頃にはぼくは

  5. 江ノ電、鎌倉

  6. サンパウロより第一報(おそい)

  7. ポルトヴェーリョに着いて語るときに僕の語ること

  8. ファンタジアの夕暮れ

  9. 震災のこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Author

エンタク(Entak)

PAGE TOP