五年目

そのときのことはまだ鮮明に覚えている。
翌月に控えたフィリピン出張について伊藤道雄さんと、彼の率いるACC21のオフィスで打ち合わせをしていたのだった。
ソッコーでオフィスの外に出たら、目の前の高層ビルがぐわんぐわん揺れていた。

一緒に打ち合わせをしていた同僚がそこから徒歩圏に住んでいて、その日は彼女の家に泊めてもらった。
本来の職場である都心のビルの37Fにいた他の大多数の同僚たちは帰宅難民となって、オフィスで夜を明かしたという。

それから二年、仕事として震災支援に携わって何度も岩手と宮城と福島に行って、その後の二年はブラジルだ。

被災地で出会った人びとは今どうしているのだろうか。
一年前と同じことを考えている。
気づけばもうすぐ帰国。

関連記事

  1. サンパウロより第一報(おそい)

  2. Feira Cultural

  3. The Remains of the Day on the Road

  4. Everybody Wants To Rule The World

  5. Starting All Over Again

  6. お祭りの日々

  7. 楽しみになってきた

  8. バイホ・チラデンチスに集う人びと(順不同)

  9. A Vida Cotidiana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Author

エンタク(Entak)

PAGE TOP