チョンキンマンションのボスは知っている

巣ごもり中につき、大学院同期の出世頭の最新作(去年のだけど)読む。
さすが。めちゃおもろい。ハズレなし。

開かれた互酬性が基盤にあれば、あとは「ついで」「適当」「おこぼれ」で何だかんだ上手くいくのよね。

タンザニアの零細商人たちも香港のタンザニア人たちもみな、「人生は旅だ(maisha ni safari)」と語る。旅だと聞くと、旅の終わりが気になる。(中略)だが、日々の営み自体に実現すべき楽しみが埋め込まれていれば、一生を旅したまま終えても、本当はかまわないのだ。

…読ませるなあ。

関連記事

  1. <写経シリーズ7> 彼らの時代は

  2. 陽だまりの樹

  3. 野の医者は笑う

  4. 未来をつくる言葉

  5. 夕凪の街 桜の国

  6. 身体知性

  7. ストロボ・エッジ

  8. The Remains of the Day on the Road

  9. 橋を架ける者たち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Author

えんたく(Entak)

PAGE TOP