陽だまりの樹

大学の図書館に揃ってたので、全巻借りて20年ぶりくらいに読み返したのだが、再読にもかかわらず、ここしばらく見たり読んだりした全ての作品の中でも一番響いたぞ。偉大すぎでしょ手塚治虫先生。

伊武谷万二郎の最期と、ラストの1コマだけで何杯でもいける!

関連記事

  1. 橋を架ける者たち

  2. 身体知性

  3. 蝶々の心臓

  4. ストロボ・エッジ

  5. 居るのはつらいよ

  6. 大奥

  7. 旅行に持ってく本10選

  8. <写経シリーズ7> 彼らの時代は

  9. 野の医者は笑う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Author

えんたく(Entak)

PAGE TOP