仮面 ー隠されたもの、顕れたもの 第1回

舞い、謡う。仮面のアジア
 毎年特定のテーマを設け、藝大ならではの多角的視点からアプローチを試みる意欲的な企画「藝大プロジェクト」。今年のテーマはずばり「仮面」です。2回シリーズのうち第1回にあたる今回は、アジア各国から選りすぐられた三つの仮面芸能を、ミニレクチャーとともにお楽しみいただきます。
 古今東西、その土地における宗教や祭祀の儀礼で使用されるのみならず、美術や演劇、音楽といった芸術の諸分野においても、それをモチーフとした魅力的な作品が多く作られてきました。「顔を覆う」という一見不自由極まりない制約から、人は想像力を駆使し、豊穣な世界を生み出してきたのです。
 新型コロナウィルスによって、あらゆる活動に制約が課されたこの数年。鬱屈した思いを、その象徴的存在であるマスク(=仮面)に託して、いざアジアの深淵へ!

関連記事

  1. 藝大百鬼夜行 第1回

  2. 国際協働プロジェクトを 支える/実施する倫理と論理

  3. 理解から共感をもたらすものとは?

  4. よりみち藝大座

  5. 財団、のち大学

  6. 地域のための再生可能エネルギー

  7. ハワイより閉店のお知らせ

  8. Despedida no aeroporto

  9. つながるベートーヴェン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Author

えんたく(Entak)

PAGE TOP