カツァリスLive

むさ苦しいおっさん二人して、行ってきました憧れのシプリアン・カツァリスLive!!
今回オール・フレンチというこだわりの編成。抒情性を湛えた前半(ドビュッシー、フォーレ、ラヴェル等)、超絶技巧全開の後半(カルメン&動物の謝肉祭)、アンコールは日本とフランスに着想を得ての即興と、お値打ち感満載のプログラムでした。

関連記事

  1. Pegao!

  2. ポルトヴェーリョこんなところ(1)

  3. 三ヵ月後の今頃にはぼくは

  4. 震災のこと

  5. 海辺のカフカ

  6. ある精肉店のはなし

  7. サンパウロより第一報(おそい)

  8. 14歳の栞

  9. 禅と骨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Author

えんたく(Entak)

PAGE TOP