劇場

なかなかぐさっときた。

自己中で自意識過剰だった(と自覚している)その頃の自分を思い出させた。こういうダメ人間を描かせると本当に上手いなあ。

原作の又吉直樹さんは別の著書で、くるりの「東京」がお気に入りだと書いていて、あの楽曲の世界観ともろリンクする気がする。

関連記事

  1. Passage of Life

  2. 14歳の栞

  3. 沖縄スパイ戦史

  4. Love Letter

  5. 『東京ラブストーリー』ふたたび

  6. Todo sobre mi madre

  7. 雨季の暇つぶし

  8. 時代劇、我が愛。その1

  9. 生きる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Author

えんたく(Entak)

PAGE TOP