よりみち藝大座

卑しい人、金持ちな人、愚かな人。
ケチな人、貧しい人、ダメな人。
狂言や落語や浪曲を始めとする日本の伝統芸能には、
そうした人間の醜くて面倒臭い部分をもまるっと受け入れて肯定してしまう懐の深さとしなやかさがあります。
この公演では日本の伝統芸能を切り口に、人間の多様性とインクルーシブな社会について考えます!

関連記事

  1. アジアの高齢化と周辺課題 -実践現場の対応策を共有する

  2. 地域のための再生可能エネルギー

  3. 理解から共感をもたらすものとは?

  4. つながるベートーヴェン

  5. 仮面 ー隠されたもの、顕れたもの 第1回

  6. 国際協働プロジェクトを 支える/実施する倫理と論理

  7. Despedida no aeroporto

  8. 「伝統の森」を継承していくために

  9. 多文化社会 -国際的な人の移動と多様性のあるコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Author

えんたく(Entak)

PAGE TOP