昭和元禄落語心中寄席

持つべきは、落語という共通の趣味をもち、かつ急遽行けなくなって苦労して手に入れたチケット2枚分、格安で譲ってくれるという出来過ぎた同僚であることよ(笑)

「昭和元禄落語心中」とのコラボ企画ということで、原作者の雲田はるこさんがゲスト出演する新宿と、漫画でもおなじみ「死神」が演じられる池袋のほうが早々にチケット完売したらしいのですが、私的には演者といい演目といい、浅草のプログラムに断然惹かれます。そしてそれは文句なく正解でした。

あー面白かった。一つもハズレなし。

関連記事

  1. お祭りの日々

  2. Farewell, 大浦食堂

  3. 柳家小三治一門会

  4. 旅の本筋とは関係ない話 その2(デングと落語)

  5. 夜を乗り越える

  6. A Vida Cotidiana

  7. 戦災・災害のデジタルアーカイヴ

  8. ワンダフルライフとゴーストスープ

  9. 楽しみになってきた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Author

えんたく(Entak)

PAGE TOP